2017年8月8日火曜日

<カリモク60> CUSTOMIZE YOUR K

こんにちは。8月に入り真夏らしい天気が続きますね。今週は台風の影響で湿度も高く、荒れた天気でしたね。もうすぐお盆休みですが、私と言えばどこにも出かけていないのに毎日の通勤でTシャツ焼けが進んでいます。。毎年のことながら日焼けしやすいタイプなので日傘も日焼け止めもほとんど効きません。日焼けはともかく、熱中症にかかると辛いので皆さま引き続き暑さにはお気を付けください。
※当店はお盆期間も通常通り営業いたします。定休日以外は休みはありませんので、お盆中もぜひご来店お待ちしています→お盆期間中の営業日時について

カリモク60 CUSTOMIZE YOUR K Kチェア
さて、 HPやSNSでは先月中旬からお伝えしてきましたが、カリモク60 「CUSTOMIZE YOUR K」というフェアが7月29日(土)より始まりました。

カリモク60 CUSTOMIZE YOUR K 塗装・張地サンプル

カリモク60 CUSTOMIZE YOUR K 張地サンプル
この 「CUSTOMIZE YOUR K」は期間限定でお好きな組み合わせでKチェアをオーダーできるフェアです。張地は20種類、木部塗装色は4色あり、組み合わせパターンは全部で80通り。
詳細については当店が独自にこちらのページにまとめましたので、ご覧くださいませ。
CUSTOMIZE YOUR Kについて

2年前にも同じタイトルのフェアが実施されており、今回は第2弾となるのですが、前回より張地も塗装色も増えてパワーアップしています。
張地は通常ラインナップにある張地5種類も含まれていますが、今回のフェア限定張地は15種類あり、それら計20種類の中から選ぶことが出来るのは楽しいです。
当店定休日の都合上、ご注文いただける期間は10月2日(月)18時までとなります。お届けまでの納期はご注文から約1.5ヶ月〜2ヶ月です。

フェアスタートから約2週間経ちましたが、早速ご好評いただいております。
男性のお客様には木部塗装色の「マットブラック色」が人気です。マットブラックは限定色でもありますので、この機会にぜひチェックしてください。
ちなみに個人的には「ベスパ」と名前が付いたシリーズと「リラ」という張地が可愛らしく、Kチェアのデザインに合いそうだなと思っています。

このフェアは店頭販売のみの企画です。通常サンプルより大きな張地見本と塗装色サンプルが当店にございますので、まずはこれらのサンプルを見ていただければと思います。
どんな組み合わせが良いかなと考えながら張地を見るのは楽しく、オーダーが出来るというのは心弾むものです。

このようにKチェアに張地サンプルを合わせて選ぶことが出来ます。
(上記画像はほぼグレーですが、なぜか「ベスパベージュ」という名前。名前はともかく良い風合いです。)

CUSTOMIZE YOUR Kについてご質問などありましたら、店頭もしくはお電話・メールでもお気軽にお尋ねください。

最後によもや話になりますが、カリモク60といえば先日、店内にあるカリモク60マイスターの認定書に気付かれたお客様にマイスターについて説明していまして、昨年マイスターを取得したことは私にとって大きな自信になっていたのだなとしみじみ思い返しました。SEVEN STYLEで働く前は家具の知識も何もなかったシロウトの私が、5年経ったのちカリモク60マイスターを取得できたなんて。心から嬉しかったです。
もちろん「カリモク60博士」になった訳ではないのでまだまだ勉強不足だと思っていますし、これからも学び続けていくのですが、お客様の疑問や不安に思っていることはすぐに解消できるような販売員になれたらと思います。

また今までにお客様から「カリモクだったら間違いないですよね」と聞かれたことが何度かありましたが、「はい、間違いないです」とはっきり迷いなく答えられるメーカーの家具を販売している事もありがたく、いつも嬉しい気持ちでいます。迷いなく答えられるのは何度も工場見学で生産現場を見させてもらい、生産現場の方々と直接お話したからの他ありません。修理・保証のアフターケアも安心してお任せください。

【SEVEN STYLE | カリモク60正規販売店  】
TEL: 0532-54-1155
E-mail: info@sevenstyle.jp
HP/WEBSHOP: www.sevenstyle.jp
※カリモク60 WEBSHOPページはコチラ
※CUSTOMIZE YOUR Kについてはコチラ

Facebook
Instagram
Twitter

2017年6月24日土曜日

<STANDARD TRADE.> Coffee Table

こんにちは。良いお天気が続くのは嬉しいですが、空梅雨ですね。ただ明日から雨模様が続くようですが。。
家の中にいる時間が増えると、あれも片付けたい、やっぱりあの家具が必要かな…と色々考えを巡らすことが増えそうです。

ソファを購入された後、実際に使われてやっぱり必要だと多く聞くアイテムは「ソファに合わせるテーブル」です。ソファに座っていると、ソファ付近にテーブルがあった方が良いと確かに感じます。ティータイムや読書の時間、テレビや映画を見ている時などすぐ近くにドリンクや軽食、リモコンを置いておきたくなるものです。
そんな時のお勧めのテーブル、「スタンダードトレード」のCoffee Tableをご紹介いたします。

スタンダードトレード コーヒーテーブル
可愛い円型の3本脚のコーヒーテーブル。
ソファに合わせるサイドテーブルとしてデザインされており、直径60cm、高さ約55cmとコンパクトなサイズです。
今年の3月から新たに展示に加わったアイテムであり、展示して以来「可愛い」と好評なテーブルです。丸い天板も丸くて細い脚も小ぶりなサイズも全てが可愛いらしいのです。

スタンダードトレード コーヒーテーブル 01ソファ
01 Sofa」のアーム高さに合わせてデザインされているのでソファ横に置くと、くつろぎながらテーブルを使うことが出来ます。

スタンダードトレード coffee table 01ソファ
普段はソファ横に置いて、TPOに応じてソファの前に置いて使っています、と実際使われているお客様から伺い、なるほどと思いました。ソファ前に置いても圧迫感はないですし、手軽に移動できるサイズも使い勝手が良く魅力のひとつです。

スタンダードトレード コーヒーテーブル
そして天板下の棚板。
この棚板があることにより、新聞や雑誌、リモコン類を目立たず置くことが出来るのでとても便利です。
可愛らしいデザインですが、作りはしっかり。幕板と脚の接合部分を見ても、細部まで丁寧に作られていることが分かります。長くご愛用いただけると思います。
スタンダードトレードの家具は全てナラ材を使用しており、こちらのコーヒーテーブルは天板・棚板、脚も全て無垢のナラ材。ライトオーク色でラッカー塗装されており、ナラ材の特徴である美しい木目が活かされた仕上げになっています。

スタンダードトレード コーヒーテーブル
ソファと合わせるのに最適ですが、電話台として、また寝室や玄関に置くテーブルとしてもご使用できます。
小さな存在ですが空間の中でつつましやかに彩りを添え、快適な暮らしの一部となってくれる家具だと胸を張ってお勧めします。ぜひ店頭でご覧下さいませ。

最後におまけの話となりますが、このコーヒーテーブルは昨年マイナーチェンジされデザインが変更されたのですが、以前は4本の角脚で棚板なしのタイプでした。サイズは変わらず、脚が1本減り、脚の形が角から丸に変わるだけで印象が大きく変わり、軽やかになりました。
以前のものを重たい印象だと感じたことはなかったのですが、初めて見た時は「全然違う!こんなにすっきりするんだー」と驚きました。不思議です。

スタンダードトレード 書籍
ちなみにマイナーチェンジ前のコーヒーテーブルの写真は絶版となった「STANDARD TRADE.の仕事」という書籍に載っています。「STANDARD TRADE.の仕事」は当店に見本も在庫もありますので、こちらもよろしければご覧ください。

<Standard Trade.  Coffee Table>
・デザイン:渡邊 謙一郎
・サイズ(mm):φ600 H551
・樹種:ナラ材
・カラー:ライトオーク
・仕上げ方法:ラッカー仕上げ
・販売価格:84,000円+税
Made in Japan
・「Coffee Table」WEBSHOPページはコチラ

【SEVEN STYLE | STANDARD TRADE.正規販売店】
TEL: 0532-54-1155
E-mail: info@sevenstyle.jp
HP/WEBSHOP: www.sevenstyle.jp
Facebook
Instagram
Twitter

2017年5月23日火曜日

<宮崎椅子製作所>DC09

今日も夏日で暑いですが、そろそろ春も終わりでしょうか。日が長くなり、街中の新緑もキラキラして今は気持ちの良い季節ですね。梅雨と猛暑に怯えつつも、この気持ちの良い季節を楽しみたいです。

今日は宮崎椅子製作所のチェアから「DC09」をご紹介します。

宮崎椅子製作所 DC09 ウォールナット
宮崎椅子製作所 DC09 ウォールナット
板座のチェアは体が痛くなる、長時間座っていられない…という私が持っていた概念はいとも簡単に覆された魔法のようなチェア。後姿も凛としている、彫刻のような美しいフォルムが特徴です。
当店展示にはウォールナット材をセレクトしました。

宮崎椅子製作所 DC09 ウォールナット
DC09は2010年に発表されたInoda+Sveje(イノダ・スバイエ)デザインのチェアです。
試作・改良を重ねて製品化するまでに1年半ほどかかったとの事。
人間や生き物の体には直線的な部分が存在していませんが、このDC09も人間と同じように流れるような柔らかい曲線をイメージして作られたそうです。
そして芸術作品のように長く愛されるように、50〜100年愛着を持って使ってもらうようデザインされました。

宮崎椅子製作所 DC09 ウォールナット
座面は補強材(貫)と一体化しており、強度を保てる限界まで薄くなめらかに削り上げられています。触ると分かりますが、薄くとも堅く安定しています。
見た目も軽やかで座面だけでも芸術作品のよう。手間をかけて丁寧に作られている事が一見して分かります。
また、座は美しいだけでなく人間工学に沿って面で受け止めるようデザインされ、体にフィットして快適な座り心地。

宮崎椅子製作所 DC09 ウォールナット
背もたれも心地良いカーブで無垢座ながら長時間の使用でも負担がないのです。当店で試座した方は全員、その座り心地に驚かれています。

樹種は通常ラインナップにはないタモとスモークアッシュも入り、計10種類からお選びいただけます。

宮崎椅子製作所 DC09 ナラ
こちらは当店の納品事例からナラのDC09。
樹種が変わるだけでこんなにも趣が異なるとは。ナラはまたウォールナットとは違う重厚感があります。ナラのDC09を選ばれたお客様は最後までケヤキと迷われていました。確かにケヤキの力強い木目もDC09に合いそうです。
ちなみに右に映っているテーブルは宮崎椅子の「hozuki table (φ1150)」です。DC09に合わせてナラ材をお選びいただきました。hozuki tableは幕板がなく脚間が広いので、設置するチェアの自由度は高いです。

軽やかながらボリューム感を感じる。存在感があるのにいざ空間の中で設置すると主張しすぎない。DC09は不思議な魅力のあるチェアだと思います。冒頭で書いたように初めて見た時、きれいな椅子だけどきっとゴツゴツして痛いのではないかと思い込んで座り、しかしそれが予想外の心地良さだった時のインパクトは忘れられません。私にとってはずっと特別なチェアです。

ご興味のある方、ぜひ当店でご覧くださいませ。

※Inoda+Sveje/イノダ・スバイエ:日本人の猪田恭子氏と、デンマーク人のニルス・スバイエ氏によるデザインチーム。2000年に結成され、現在はイタリアのミラノを拠点とする。
DC09座面の裏には「イノダ・スパイエ」がデザインし、宮崎椅子製作所で作られたという証のシリアルナンバーが刻印されています。

<宮崎椅子製作所 DC09>
・デザイン:Inoda+Sveje/イノダ・スバイエ
・サイズ(mm):W540 D510 H740 SH435 AH(アームまでの高さ)625 
・樹種:計10種類からお選びいただけます(蜜蝋ワックス仕上げ)
・販売価格:113,800円+税〜 
※樹種により価格が異なりますので、詳細は当店WEBSHOPでご確認いただくか、もしくは
スタッフまでお気軽にお尋ねください。
※上記画像の当店展示チェア(樹種:ウォールナット)は149,200円+税です。
・「DC09」WEBSHOPはコチラ

【SEVEN STYLE | 宮崎椅子製作所正規販売店  】
TEL: 0532-54-1155
E-mail: info@sevenstyle.jp
HP/WEBSHOP: www.sevenstyle.jp
Facebook
Instagram
Twitter

2017年4月21日金曜日

<CARL HANSEN & SON CH33>

こんにちは。桜は散ってしまいましたが、当店の周りのツバキはまだ咲いています。先月から少しずつ順番に咲いていて長く楽しめます。淡いピンク色も幾重にも重なった花びらの豪華さも大好きで、毎日しげしげと見ています。
そして来週末からはもうGWがスタート。毎年GW頃に気温がぐんと上がりTシャツの出番が来ますが、今年は先週から既に初夏のような日もありましたね。昨日気付けば鼻がコピーロボット(古い?)のように赤くなっていて何かと思ったら、日焼けでした。。ここ最近晴れの日に日傘も帽子もなく出歩いていたからと思われます。季節の移り変わりを感じた地味な出来事でした。

話が逸れましたが、GW中(4月29日~5月7日)、当店は5月2日(火)を除いてずっと営業いたします。GW期間中の営業時間はコチラをご覧くださいませ。

さて本日はCARL HANSEN&SON(カール・ハンセン&サン)のCH33をご紹介します。
CH33はハンス J.ウェグナーにより1957年にデザインされ、約10年生産された後に廃番となりましたが、2012年に復刻。カール・ハンセン&サンの中でも人気のチェアであり、ウェグナー代表作のひとつです。
CH33の特徴を一言で言うのなら「快適な座り心地と安定感」。
カーブした背もたれと座面は体の曲線に沿うようにぴったりフィットし、包みこまれるような快適さと安定を感じます。
また、脚(フレーム)は先が細くなっているデザインですが、荷重がかかる接合部は太く作られており、強度を増しています。
ダイニングチェアとしてお食事の時も、長時間の作業時にも適した機能性に優れたチェアです。

そしてパッと目を引く柔らかなデザイン。
チェアを構成するあらゆるパーツは丸く曲線的に作られており、優美な印象。
背もたれの接合部はボタンのように見えてワンポイントとしても可愛いデザインです。
正面から見ると可愛らしくフェミニンに見えますが、後姿は凛々しい佇まい。しっかりとした安定感があることも頷けます。

また、浮いているように見える座面とスレンダーな脚は軽やかさも実現。
この画像のように複数脚組み合わせて置くのも世界観が出来て素敵ですし、1脚だけ玄関やキッチンなどにさりげなく置くのも良いですね。

シンプルなデザインの中に機能性と優美さ、軽やかさが全て集まったウェグナーデザインの縮図とも言えるCH33。
ぜひ一度店頭で座って、優美なデザインをご覧になってください。

最後に1点お知らせです。
HPやTwitterなどでもご紹介していますが、現在カール・ハンセン&サンで「ダイニングセットキャンペーンを5月7日(日)まで行っています。
ハンス J. ウェグナーのデザインした「ダイニングテーブル1台」+「ダイニングチェア3脚以上」をご購入で「お好みのダイニングチェア1脚」をもれなくプレゼント、という豪華なキャンペーン。CH33もYチェア(CH24)も勿論キャンペーンの対象になっています。ダイニングテーブルとチェアをお探しの方はぜひこの機会にご検討ください。

 さらに当店独自特典として、キャンペーン期間中に限りダイニングテーブルを「組立設置サービス便にて送料無料」でお届けいたします。ウェグナーデザインのテーブルは組み立て方法自体は単純ですが無垢材のものが多いので、重量があります。組み立て設置を配送スタッフにて行いますのでこのサービスはお客様のお手間を省き、かつ安心していただける嬉しいサービスだと思います。

また、ダイニングチェアをご注文の方にメンテナンスキットをプレゼントしております(ソープ仕上げ / オイル仕上げ / ホワイトオイル仕上げ限定)。

※ソープ仕上げ用:ソープ仕上げ用石鹸・タオル・スポンジ・サンドペーパー
※オイル / ホワイトオイル仕上げ用:オイルワックス1瓶(50cc)・塗布/拭取り用ウエス・サンドペーパー

家具を定期的にちゃんとお手入れしていただくと、味わいを増しながら長くきれいに保つことができます。お手入れは難しくなく、楽しいものです。お手入れする毎に美しくなると嬉しくなり、愛着もひとしおです。大切な名作家具をぜひこれらのキットを使ってメンテナンスしてご愛用いただければと思います。
ご購入の際、お手入れについても当店スタッフよりご案内させていただきます。

<CARL HANSEN & SON CH33>
・樹種: オーク/スモークドオーク/ビーチ
・仕上げ方法: ソープ仕上げ / オイル仕上げ / ホワイトオイル仕上げ / ラッカー仕上げ
・張地: ファブリック(group1~5)、レザー(group A~C)よりお選びいただけます。
・サイズ:W 550 D 480 H 740 SH 440  mm
・販売価格:¥67,000 +税~
Made in Denmark

【SEVEN STYLE | Carl Hansen & Son正規販売店  】
TEL: 0532-54-1155
E-mail: info@sevenstyle.jp
HP/WEBSHOP: www.sevenstyle.jp
Facebook
Instagram
Twitter

2017年3月10日金曜日

STANDARD TRADE.特別展

こんにちは。久しぶりの投稿となりました。InstagramやTwitterなどSNSではずっとお知らせしておりましたが、先月は「SAITO WOOD特別展」を実施し、今月は4日から27日まで「スタンダードトレード特別展」を開催しております。

たまたま3ヶ月連続となったとはいえ、このようなフェアの準備や終了後の後片付けに毎回かなり時間と労力がかかりてんやわんやで途中の記憶があまりありませんが、フェアが始まってしまえば毎回ご来店されるお客様が楽しそうにしてくださるので、あぁがんばって良かったと安堵して、を繰り返しています。
ただ、もちろん私たちだけなく各メーカーの方々にもご協賛いただいているので、ご担当の方々にもお手数をおかけしてますが一緒に喜びを分かち合える時は一体感が生まれるようで、そういう瞬間は価値のある嬉しいものだなと感じます。

そして現在開催中の「スタンダードトレード特別展」。
スタンダードトレード 01ダイニングテーブル

昨年ほぼ全商品をマイナーチェンジしたスタンダードトレード。マイナーチェンジ後の家具を新たに展示開始しまして、今までより展示数もぐっと増えました。
この特別展の期間中のみ「02ソファ 」、「チェスト」、「ミーティングテーブル」や「デスクランプ」、そして「ブックエンド」「ペーパートレイ」などの小物も展示しており、現在1F店内のどの場所に立ってもスタンダードトレードのアイテムが目に映ります。

ちょうど1週間ほど前スタンダードトレードの横浜工場へこの新しい家具たちを引き取りに行った時、ずっと楽しみにしていたのでようやく出会えた!と心が躍り、店頭で設置が完了した後もこんなに素敵に収まるんだとしみじみ感心し、今もスタンダードトレードの家具に囲まれながら仕事をしているこの環境が嬉しくてワクワクした気分が止まりません。家具屋のスタッフとしても、スタンダードトレードのいちファンとしても。

スタンダードトレード  01ソファ センターテーブル ファブリックベンチ
スタンダードトレードの本店である玉川ショップにはもちろん敵いませんが、この特別展ではスタンダードトレードの世界観を当店でも感じていただけると思います。

今までもこのブログで何度か紹介させていただきましたが、スタンダードトレードの家具はナラ材を活かしたものばかり。上質で丁寧に作られていることが一目で分かる家具なのです。
佇まいは凛としてますが澄ました感じはなく、どこか親しみを感じるあたたかな雰囲気があります。スタンダードトレードの家具に囲まれていると、きちんと暮らしたいな、日々の生活を大切にしたいなと自然に思います。そしてときめきと共に満たされた気持ちになるのです。

実用性を考えられて作られているので、使い心地とベーシックで長く使えるデザインが特徴であり魅力でもあります。
ぜひ当店で実際に見て、座って、良さを確かめていただきたいです。テーブル以外はどれも大きすぎず程良いサイズのものが多いので、もしこの家具が家にあったら...とイメージしやすいのもスタンダードトレードの魅力。(ちなみにテーブルはサイズを細かくオーダー出来ます。)

特別展期間内では、フェア特典として「スタンダードトレード ロゴ入りドアストッパー」をお買い上げ金額に応じてプレゼントしています(数量限定)。 ドアストッパーは定番商品としてスタンダードトレードで普段販売しているもの。ころんとした可愛い見た目で滑り止めのゴムがついており、あると重宝します。
スタンダードトレード  ドアストップ

その他、当店では送料のサービスも実施していますので商品詳細はコチラ をご覧くださいませ。
お問い合わせもお気軽に。皆様のご来店お待ちしております。

【SEVEN STYLE | STANDARD TRADE.正規販売店】
TEL: 0532-54-1155
E-mail: info@sevenstyle.jp
HP/WEBSHOP: www.sevenstyle.jp
Facebook
Instagram
Twitter

2017年1月26日木曜日

Yチェア特別展

既に1月下旬となりましたが今年初めてのブログです。本年もよろしくお願いいたします。
中旬頃からぐっと冷え込んでとても寒い毎日ですね。豊橋も珍しく数年ぶりに少し雪が積もりました。

前回のブログでもお伝えしましたように1月3日より「Yチェア特別展」を行っており、早くも残り5日間となりました。Yチェアを1脚お買い上げごとにSEVEN STYLEオリジナルのシートパッドをプレゼントするキャンペーンも来週月曜日の1月30日までです。
なお、HP(WEBSHOP)でのご注文は1月31日(火)23:59まで受け付けております。
※Yチェア特別展についてはコチラ

この特別展の間は普段展示のないYチェアの構造見本や「ウォールナット材」「ブラックカラー塗装ビーチ材」「アッシュ材」などのYチェアがご覧いただけます。

今のところ定番のビーチとオークも人気ですが、アッシュやウォールナットも好評です。材の違い、座面ペーパーコードの色の違いによってYチェアの趣きはかなり異なります。

<ビーチ/オイル仕上げ×ナチュラルペーパーコード>
<アッシュ/オイル仕上げ×ブラックペーパーコード>

<ウォルナット/オイル仕上げ×ブラックペーパーコード>

ナチュラルペーパーコードは定番で優しい雰囲気。ブラックペーパーコードはクールで落ち着いた印象、とそれぞれの良さがあります。

さらに仕上げ方法によって同じ材であっても手触りと見た目は異なってきます。そこに木の面白さ、選べる楽しさがありますね。
例えばソープ仕上げとオイル仕上げを比較すると、「ソープ仕上げ」はその名の通り石けん水のみで仕上げをしているため少し白っぽくなります。ソープ仕上げの良いところはご自身で簡単にメンテナンス出来る事だと思います。石けん水でお手入れを繰り返すことによって石けんの脂肪分が木部の導管に入っていき汚れに強くなります。

「オイル仕上げ」は広葉樹(ビーチ材 / オーク材など)の特性もありオイルを擦り込むと濡れ色になり、少し色が濃くなります。オイル仕上げはオイルで木部導管を埋め、湿度の変化や汚れなどから木部を守っている仕上げです。ソープ仕上げと比較すると見た目はしっとり、触るとつるつるしています。

このように同じ木材でも仕上げにより見た目は変わりますが、ヴィンテージ家具で見られるように木材は経年変化で色が濃くなっていきますので数年後にはオイル仕上げであってもソープ仕上げであっても色の差異は小さくなると思います。
木材の素の色がお好きな方は「ソープ仕上げ」を、それよりも濃い色(濡れ色)をご希望の場合は「オイル仕上げ」を選ぶ時の基準としていただければと思います。
店頭でもお手入れ方法についてはしっかりと説明いたしますので、ぜひこの機会に色々なYチェアを当店でご覧いただき、お好みのものを見つけてください。

【SEVEN STYLE | Carl Hansen & Son正規販売店 】
TEL: 0532-54-1155
E-mail: info@sevenstyle.jp
WEBSHOPはコチラ