2016年7月18日月曜日

カリモク60、北欧ヴィンテージ、CARL HANSEN&SON 家具納品事例

蒸し暑い毎日ですが、ついに今日梅雨明けしてしまったようですね。倉庫の改装作業は変わらず続けてやっています。やっと2階が完成したので現在は1階に取り掛かっています。先週までは暑くとも気温が高い日は少なく、日が落ちれば涼しかったのでどうにかやっていましたがこれからが恐怖です。。

さて本日は家具の納品事例を一部ですがご紹介します。 

まずこちらはW様邸へお届けしたカリモク60 「アームレスダイニングチェア スタンダードアイボリー」と「ベンチ スタンダードブラック」。
カリモク60 アームレスダイニングチェア スタンダードアイボリー ベンチ スタンダードブラック
床はダークブラウン色、大きなカウンターテーブルもマットなダーク色なのでアイボリーのチェアがきれいに映えて素敵です。
チェアの木部や床、テーブルが同系色の中、ベンチの脚はウォールナット色(赤みがかった茶色)ですが違和感なく調和しています。木部の色が異なっていても空間に面白さが出てちゃんとまとまった印象になるのですね。

こちらはS様邸に納めた北欧ヴィンテージの4段チェストです。
北欧ヴィンテージ 4段チェスト 
シンプルなデザインですが落ち着いた佇まいとヴィンテージ独特の風合いが素敵なチェストです。取っ手の少し凝った形と細めの丸脚に可愛らしさも感じます。 
チーク材特有の深い色もお部屋の角に自然に馴染みました。チェストの上にあるテレビや濃い色の床とも合っています。テレビが壁付けだからでしょうか、チェストを置いてもお部屋に圧迫感が出ることなくむしろ空間のアクセントとなり、お部屋全体を引き立ててくれる気がします。

そしてW様邸へ納品したCARL HANSEN&SONのCH24(Yチェア)、CH33、CH002(ダイニングテーブル)です。
CH24(Yチェア) CH33 CH002ダイニングテーブル ウェグナーデザイン
CH002 dining table CH24 (Ychair) CH33
木がふんだんに使われた新築のリビングダイニングに、テーブルもチェアも優しく溶け込んでいます。天然木の空間はそれだけで素敵ですが、この家具たちが設置された瞬間に一層洗練さと華やぎが加わったように感じました。

CH002ダイニングテーブルはビーチ材のオイル仕上げ。画像では分かりにくいですが、美しい木目の天板はオイルによってしっとり、ほんのりピンク色になっており見惚れてしまうほど。CARL HANSEN&SONの高い技術と木へのこだわりが現れています。
なお、このCH002にはテーブルの両サイドに付ける半円の伸長板(各板の横幅は49cm)が2枚付属しており、2枚付けた最大の横幅は188cmです。上記画像のように片側1枚のみ付けると139cmです。2~3人で使われる時にはちょうど良いサイズですね。

余談ですが帰り際にW様から「ブログの更新はまだかなと楽しみにしてます」と言っていただき、まさか見て下さっていたなんてという驚きと嬉しさでジーンときました。
実はこのブログのことはいつも頭にあるのです。書きたいことも紹介したい家具もまだまだあるので当分ネタ切れしそうにないのですが、少し忙しくなると時間がかかる(何度も推敲しているので)ブログは後回しになってしまうという繰り返しでした。しかし嬉しい言葉を頂いて読んでくださる方のためにもっと更新しなければ、と気持ちを新たにして帰ってきました。これからは時間を見つけて小まめに書いていこうと思います。

今回は3件の納品事例をご紹介しましたが、店頭でも納品事例は多数ご紹介しています。
ご検討の家具がある方はお気軽にお尋ねくださいませ。