2015年5月31日日曜日

カリモク60、北欧ヴィンテージ家具納品事例

もう既に「真夏日」という単語をお天気ニュースで何度も聞きますね。日差しの強い日が多くなってきました。が、それでも朝はまだ清々しくて、新緑の匂いと風が気持ち良いこの季節はやっぱり好きです。
本日はタイトルの納品事例を少しですがご紹介いたします。

こちらは木のぬくもりと香りが印象的なF様邸。
リビングダイニングルーム用に選んでいただいた、カリモク60 ローボードです。

白の壁にも、床と背面のナラ材にもしっくり馴染んで素敵です。ローボードのヴィンテージチーク色との組み合わせが落ち着いた印象になりますね。

同じお部屋での別アングルです。
手前がカリモク60 ロビーチェア3シーターモケットグリーン。
奥にダイニングテーブル1500 モカブラウン色とアームレスダイニングチェア ミランブラック4脚を設置しています。
ダイニングテーブルとチェアのモカブラウン色が床材より濃く、グラデーションのように馴染んでいます。ロビーチェアは以前に購入いただいたもので、味の出たモケットグリーン生地が空間を柔らかくしているように感じました。

続いてこちらは別のお宅、S様邸の外国映画で見るようなガレージです。
ガレージに置くソファとして、カリモク60 Kチェア2シーター、1シーターのスタンダードブラックを選んでいただきました。
スタンダードブラックが空間を引き締めていて、ベージュの壁、グレーの床材とも調和しています。壁に取付けてある工業用ファンもKチェアと組み合わせる事でお互いを引き立ていますよね。相乗効果でより男らしい格好良い空間になっています。

最後はF様邸。リビングダイニングルームのコーナーに選んでいただいた、北欧ヴィンテージのシェルフです。
北欧ヴィンテージ家具にしては珍しい、コンパクトサイズのシェルフです。主張しすぎない存在感がありますよね。事前に設置する場所のサイズを確認していただき、イメージを膨らませて慎重に選んでくださったおかげで、隅にすっきりと素敵に収まりました。
濃い床材にチーク材は合わないかもしれない、浮いてしまうのでは?というご相談をたびたび受けますが、写真のようにダーク色の床であっても違和感なく自然に馴染みます。特に白い壁にチーク材は映えますね。
ヴィンテージが持つ雰囲気と相まってリビングが優しい空間となっていました。

毎回のことですが、家具を設置した瞬間に空間が華やいだり、雰囲気がガラッと変わったりとそのさまを見ることが出来るのはこちらも心が躍り嬉しいです。納品中はいつもその感激をぐっとこらえ、小さくリアクションを取るだけに留めていますが。

当店では可能な限り、ご購入いただいた家具を私たちスタッフにてお届けしています。何度も配達に行って、どのお客様も家具が届くのを本当に楽しみにしていらっしゃるのだと分かってから、より慎重に丁寧にお届けするよう心がけています。